「デュアルモニターアーム」&「ノートパソコントレイ」で
快適なワークステーションを構築!

画像元:上海問屋

上海問屋より『モニターアーム デュアル デュアルモニターアーム ガススプリング(914753)』(税込8,999円)と『VESA規格モニターアーム固定用 ノートパソコントレイ 最大15.6インチ対応(914756)』(税込2,499円)が登場しました。二つを組み合わせるとノートPC&ディスプレイというワークステーション環境を整えることができます。

Apple「MacBook」シリーズやASUS『ZenBook3』、HP『Spectre-13』など最近のウルトラブックには「USB Type-C」が搭載されるようになり、ディスプレイやマウス・キーボードなどの有線接続、電力供給などを一つの端子で補うことができるようになり、ノートPCをデスクトップ化することが容易となり、私も最近ではApple『MacBook Pro』をLGのディスプレイに繋いで作業することが多くなりました。しかし机の上をより快適にするためには、ディスプレイと「MacBook」をアームを活用して机上から離し、ワークスペースを広めに取るという手段がいいとネットの記事などを拝見して想像してみました。


動画元:Youtube(CNET)

最終的にはデスク一体型のワークチェアーが欲しいのですが、動画にあるようなノートPC&ディスプレイの骨組みを1.2万円程度で購入できるのであればなかなかいいのではないでしょうか。

現在私はWindowsデスクトップ&『MacBook Pro』という環境でブログ作業などを行なっていますが、USB-Cの存在により『MacBook Pro』単体でも十分作業ができるのではないかと考えるようになりました。ゲーミングや重たい動画編集などはまだWindowsPCの出番ですが、ノートPC派の方はぜひ今回登場した上海問屋の2つの製品のようなものを活用して快適なワークステーション環境を構築してみてはいかがでしょうか。